1. Home
  2. Artists
  3. 清水"Matty"ケンヂ

清水"Matty"ケンヂ

メインで使用しているのはフラットワウンド弦のBASS GROUP III。
個人的に60年代のアーティストからの影響が多いので、そのムードを再現するにはフラットワウンドは欠かせない。
中でもアーニーボールのフラットワウンド弦は他社のフラットワウンドと比べて中高域の音の抜けが良く、しかも太いのでハイポジションのフレーズに行ってもベースラインの存在感がくっきりと出てドラムや他の楽器との絡みも良く、ベースの一番美味しい所がグッと出てくるのが気に入ってる。
フラットワウンドは「音が丸く籠って抜けない…」という解釈を良く聞きますが、俺は逆にそこで抜けてくる音こそがベースサウンドと思います。
アーニーボールのフラットワウンドは実は1番「ベースらしいサウンド」が作れると思いますよ!

^ Back to Top