マイ・カート

0 items in your order

Mick Mars

Mötley Crüe

"I always try to think a little bit out of the box. A little to the left. Everyone does 4/4, 4/4." Watch Mick Mars of Mötley Crüe dive into his early inspirations, his creative process, and how he gets his signature tone with Ernie Ball strings.

Laura Jane Grace

Against Me!

「私はギターを弾くのが好き。それは私の情熱と言っても良いくらいで、人生の中で信じられる数少ない物の1つ。一生をかけて常に上手くなろうと努力しているし、私にとってはいつも挑戦だと感じ没頭していられるの。」アゲインスト・ミー !のローラ・ジェーン・グレイスが初めの頃に影響を受けた音楽や、彼女のクリエイティブな創作プロセスに触れ、なぜ彼女が12歳でアーニーボール弦を使用するに至ったのか見てみましょう。

Clint Black

「音楽を演奏することは魂を吹き込むような感じなんだ。音楽なしで生きていくことはできるよ、でもそれは間違っている。」 クリント・ブラックは彼のトーン、新しいサウンドへの探求、そしてなぜ1991年からアーニーボール弦を使っているのかについて語ります。

Tim McIlrath

Rise Against

「ギターは言葉のようなんだ。つまりコードが文で、それぞれのパーツが段落や章のようであり、物語全体を創り上げていくんだ。俺はそうやってギターにはまっていったんだ。」 ライズ・アゲインストのティム・マキルラスが自身の創作活動についてのめりこんでいく様子となぜ彼がいつもアーニーボール弦を使うのかを見てみましょう。

Jim Adkins

Jimmy Eat World

「僕にとって作曲とはアイデアを見つけて、それを展開させていくことなんだ。疑問を感じてはいけないよ、ただそれにそにそって行けばいいんだ。」 ジミー・イート・ワールドのジミー・アドキンスは彼の創作活動について語り、常にアーニーボール弦をなぜプレイするかについて見てみましょう。

John Petrucci

Dream Theater

「何かを創りたいという願望なんだ。なぜアーチストは絵を描くのか、なぜライターは文章をかくのか?やらなければいけないからなんだ。」 ドリーム・シアターのジョン・ペトルーシは創作活動にのめりこんでいく様子と、自分が常にアーニーボール弦を使う理由を語ります。

Robin Finck

Nine Inch Nails

「ものすごいパワー。見えないマント。あやしげなマジック。不可解なニュアンスでのささいな作業。幸運な偶然が続く。ルール・ブレーカーが作り上げた文化、天才デザイナー、ビーチフリークス、驚異的な頭脳、石器時代の穴居人、美しい花.....それらは自分のアイデンティティの大部分を占めているものたちだった。」 アーニーボール・アーチストのロビン・フィンク(ナイン・インチ・ネイルズ、ガンズ・アンド・ローゼ)は音楽とギターのなれ初め、かれのギタープレイ、そしてアーニーボールとの関わり合いについて語っています。

Synyster Gates
and Zacky Vengeance

Avenged Sevenfold

「初めてギターを手に取ったとき以来、魔法の剣を持ったときみたいに、自分に力を授かったような気がしたんだ。剣が刺さっていた石からそれを引き抜いて、それをかっと目を開いて見つめてね....その瞬間に自分の人生は完全に変わったんだ。」 アーニーボール・アーチストであるアベンジド・セブンフォードのシンスター・ゲイツとザッキー・ベンジーンスはギターとの出会い、そしてアーニーボールとの関わりについて語ります。

Andy McKee

「ソロ・プレイヤーとしてのプレイ・スタイルでは、誤魔化しが利きません。人々を引き付けるには純粋な人間でなければならないし、また自身を表現できる確固たるスタイルが必要だと思う。」このエピソードでは、アーニーボール・アーティストのアンディー・マッキーが影響を受けたことや、これまでギターを演奏してきた事、そしてアーニーボール弦のことを語ってます。

Mike Dirnt

Green Day

「自分にとってベース・プレイはバンドのサウンドをしっかり支えることなんだ。でも、曲の中で君らへの歌を見出すことでもあるんだ。」アーニーボール・アーチストでグリーン・デイのベーシストであるマイク・ダーントはベースとギターを弾き始めたきっかけ、ベース・プレイ、そしてアーニーボールとの関わり合いについて語ります。

Lissie

「アコースティック・ギターで演奏して自分自身を表現することは、心を自由な気分にさせてくれるの。自分の声にギターがちょうどよいベッドのような揺らぎ感を与えてくれるでしょ。あたしは手ぶらで立って歌うよりもギターを弾きながら歌うと上手く歌えるのよ。ギターのリズムに体全体を委ねる感じだわ。」 アーニーボール・アーチストのリッジーは影響を受けたことや彼女のギター・プレー、そしてアーニーボール弦について語ります。

Mac DeMarco

「ギターはみんなの楽器だろ.....だれでも大歓迎さ。コードをいくつかマスターすればOKなんだから。」 マック・ディマルコはシンガーソングライターとミュージシャンとしての影響や進化、そして長期間に渡るアーニーボール弦との信頼関係について語ります。

Rex Brown

Pantera, Down, Kill Devil Hill

「音楽は俺にとって一緒に特別な何かを創る誰かとの友情みたいなもんさ。」 アーニーボール・アーチストのレックス・ブラウンは友人との音楽創作、姉のロック・レコードコレクションからの影響、そしてアーニーボール弦について語ってくれます。

Paul Stanley

KISS

「ギターってのは常にロックン・ロールのメッセンジャーでありつづけているんだ。それは叫び続ける声であり、力強さであり、ライブへの準備であり、そしてそれらはロックン・ロールの土台なんだ。俺はずっとロックン・ロールの虜になってきたんだ。ギターを弾けるようになる前からね。」  アーニーボール・アーチストのポール・スタンレーは彼が感化されたこと、キッスでのプレイ、そして彼のギター弦について語ります。

Don Felder

「10歳のころからギターは僕の生活の一部なんだ。」 アーニーボール・アーチストのドン・フェルダーは少年時代での最初のギターやエルビスから受けた影響、そしてアーニーボール弦について語ってくれます。

Steve Vai

「ギターを弾く時、座ってギターをちょっと弾きだす瞬間なんだけど、自由な気分が満ち溢れ出て、多くのメロディーが頭に浮かぶんだ。最初に浮かんだメロディを弾きだす瞬間がたまらないんだ。まさに心が解き放たれる瞬間だよね。」 アーニーボール・アーチストのスティーブ・バイは彼が影響を受けたことやストーリー、そしてアーニーボール弦について語ります。

Jade Puget

AFI

「シュレッダーやラーニング・スタッフと呼ばれるこことには抵抗していたんだ。だって別の世界なんだぜ。パンクってのは攻撃的でシンプルなのに、メタルって呼ばれるんだぜ。でも自分が本当は速弾きするのが好きだと気付いたから、早いうちにそっちの世界にはいりこんだんだ。」 アーニーボール・アーチストであるAFIのジェイド・ピュージェッドは彼のストーリー、ギター、そしてアーニーボール弦について語ります。

John Myung

Dream Theater

2件隣に住んでいた友人の一人がベース・プレーヤーを探していたんだ。その時、僕はバイオリンをやっていたし、同じ4弦だろ。だからこれは僕がやらねばと、OKって返事したんだ。そうこうしてるちに、僕がベースを弾くことが最高のアイデアになったわけなんだ。」 アーニーボール・アーチストであるドリームシアターのジョン・マイアングは自身が影響を受けたことやヒストリー、そしてアーニーボール・ベース弦について語ってくれます。

Shavo Odadjian

System Of A Down

「僕はミュージシャンでありアーチストで、物を創り上げたり、曲を書くために生まれてきたんだ。そうやっていると幸せな気分になるんだ。」 アーニーボール・アーチストのシャーボ・オダジアン(システム・オブ・ア・ダウン)は自身が影響受けたこと、ヒストリー、ギターとベースと共に語ります

Lindsey Troy

Deap Vally

「ケイブ・ウーマンみたいな感じで弾いてるの...わかるかしら? 腕を風車みたいにぐるぐる回してね、時々それがうまくいくのよ。」 アーニーボール・アーチストであるディープ・バレィのリンジー・トロイは彼女が影響受けたこと、ストーリー、ギターそしてアーニーボール弦について語ります

Kurt Vile

「新しい曲やリフのアイデアを見つけることは、誰かのレコードを聴くみたいに心にぐっとくるものが何かってことを考えるんだ。いつもそうなるんだ。生まれつきの性分だろうね。」 アーニーボール・アーチストのカート・ビィレはギタープレイと共に彼の感化されたことやヒストリーについて、そしてアーニーボール弦について語ります。

Chris Broderick

Act of Defiance

「ギターってのは美しいサウンドを創り上げていくことへのチャレンジだと思うんだ。特に歪んだ音ではなおのことだね。君は攻撃的なサウンドにしたいんだろうけど、そこに美しいサウンドにしたいと思わないとね。」 アーニーボール・アーチストのクリス・ブローデリックは彼の感化されたことやヒストリー、そしてアーニーボール弦についてギターと共に語ります。

Nick Hexum and Tim Mahoney

311

「ギター・プレイとは何か?それは創造力であり、表現力であり、それなしでは生きていけない何かなんだ。」 アーニーボール・アーチストで311のギタリストであるニック・ヘックサムとティム・マホーニーは彼らの感化されたこと、ヒストリー、そしてアーニーボール弦についてギターと共に語ります。

Jesse Hughes

Eagles of Death Metal

「ギタープレイは時としてピュアな喜びを最大限に表現することなんです。ギタープレイは世界を見るための手段になってきた。つまり言葉よりも雄弁に自分自身を表現できるんだ。」 アーニーボール・アーチストでデス・メタル・イーグルスのギタリストであるジェシー・ヒューズは彼が受けた影響、ヒストリー、そしてアーニーボール弦について語ってくれました。

Dhani Harrison

thenewno2, Fistful of Mercy

「僕は一度たりとも自分が熟練したギタリストだと思った事はないが、いつも自分のやり方で弾いて精神的に満たされるし、それが人としてあるべき姿だと思う。」このエピソードでは、アーニーボール・アーチストのダニー・ハリソン(ザニューナンバー2、フィストフル・オブ・マーシー)が、彼のギターに対する愛情、影響を受けた音楽、そして選ぶ弦やゲージについて語ります。

J Mascis

Dinosaur Jr.

「大音量でギターを弾いて気づいたのは、音の振動が体にぶつかる時に何かしらの衝撃が体に走るということ。僕が早いうちから 耳栓を着けるようになったのは、聞くことより音の衝撃を自分の体に反応させたいからなんだ。言ってる意味わかるかな?」このエピソードでは、アーニーボール・アーチストの影響力を持つロックバンド、ダイナソーJr.のギタリストJ・マスシスが影響を受けた音楽やギター歴など、彼のアーニーボール弦について語ります。

Tom Dumont

No Doubt, Dreamcar

「レッスンを受け始める頃には、指がギターに慣れていたからものすごい速さで習得できたし、僕の10代はそれで過ぎ去った感じかな。」このエピソードでは、ノー・ダウト、ドリームカーのアーニーボール・アーチスト、トム・デュモントが影響を受けた音楽やギター歴など、彼のアーニーボール弦について語ります。

Kirk Hammett

Metallica

「ギターを弾くことで自分自身を見つめ直せる。それは私が感じ、信じる基礎の部分であるし、自分がこの地球でなすべき事、それは音楽を作る事だと気づかせてくれるんだ。」このエピソードでは、アーニーボール・アーチストであるメタリカのギタリスト、カーク・ハメットのギターに対する愛情、影響を受けた音楽、また選ぶ弦やゲージについて語ります。

Clay Cook

Zac Brown Band

「すべてのスターが出そろう場所が僕のソロの見せ場で、本当にすごいソロを弾けばそれがいかに素晴らしかったか観客も分かってくれる。観客とバンドの2つの世界がぶつかり合う時、皆がハッピーになり自分が成し遂げたことを誇りに思えるよね。それは再現不可能な事だけど。」クレイ・クックの生い立ち、影響を受けたもの、そしてなぜ彼は初期の段階でアーニーボールとミュージックマンに心酔したのか、その理由を語ります。

Justin Chancellor

TOOL

「私にとってベースを弾くことは究極のフリーダムなんだ。演奏で自分を表現する方がよっぽど楽だね。」このエピソードではアーニーボール・アーチストである伝説のハードロック・バンド”トゥール”のベーシスト、ジャスティン・チャンセラーが初期に影響を受けたものや、どうやってライブ・パフォーマンスで観客を感動させるのか語ります。

Butch Walker

「ギターの音をよくする要素が何であるか分からないけど、その音がしっくりくるかどうかはギターを持ってワンコードを弾いたその瞬間にわかるね。それは音のエネルギーで、初めてラックから取り上げて体に電撃が走ればそのギターに間違いない。一種の一目惚れのようなものかな。」このストリング・セオリーのエピソードでは、ブッチ・ウォーカーがギターの選び方について語ります。

Joe Bonamassa

「楽器の良し悪しじゃなく、要は気持ちの入れ方次第だね。ギターを弾くときに感情を込める事で、音楽の魂が顔を出す。」ジョー・ボナマッサの初期のツアー時代やギターに対するパッションをこのストリング・セオリーのエピソードで語ります。

Mike Herrera

MxPx

「僕にとって音楽は全てで今までの人生でずっと演ってきた。音楽はいつでもどこでもそこにあり、慣れ親しんで当然のように存在しているから音楽がないとすぐに気づくね。」このエピソードではアーニーボール・スリンキー弦のゲージの違いが、ベースギターやアコースティックギターの音を作るのにどのように役立っているのか。またマイクの初めてのアーニーボール・ミュージックマン・スティングレイや、彼の創造プロセスについて語ります。

Paul Gilbert

Racer X, Mr. Big

「チョーキングしないなら、君はハープシコード奏者でいい。チョーキングは歌い手と同じ表現力を発揮する。たとえひどい声を持っていたとしてもね。」このストリング・セオリーのエピソードでは、ミスタービッグとレーサーXのポール・ギルバートがギターの持つ力について語ります。

Kenny Wayne Shepherd

Kenny Wayne Shepherd Band

「ギターを弾くのは僕にとって呼吸をするのと同じくらい重要なこと。」このストリング・セオリーのエピソードで、ケニー・ウェイン・シェパードと我々の対談をご覧ください。

Bobb Bruno

Best Coast

「違う音を探求し続けるのは生涯を通じた冒険で、僕の好奇心は違う弾き方を見つける事にある。それが俺の生きがいさ。」このストリング・セオリーのエピソードで、ベスト・コースト、ボブ・ブルーノのフルインタビューをご覧ください。

Dustin Kensrue

Thrice

「力の込もった音をギターに出してもらうには、奏者の内に秘めた力を物理的に弦に伝える事だ。」このストリング・セオリーのエピソードでは、スライスのダスティン・ケンスルーが”固定観念の箱から出て弾く”ことについて語ります。

Courtney Barnett

「ライブ演奏はエネルギッシュでエキサイティングなもの。新しいことをライブでやって台無しになるかもしれないと分かっていても、意図と反する事が起きると楽しいの。」このストリング・セオリーのエピソードでは、コートニー・バーネットのライブ演奏や彼女の彩られた作曲方法について語ります。

Joe Don Rooney

Rascal Flatts

「ハイノートを鳴らし空高く舞い上がる。それって君がこの地球上にいる証じゃないか。」このストリング・セオリーのエピソードでは、ラスカル・フラッツのジョー・ドンが音楽の持つ力について語ります。

Ilan Rubin

Nine Inch Nails, Angels & Airwaves, The New Regime

「僕にとって音楽とギターは同義語だね。それは僕が楽しむもので、セラピーでもあり、仕事でもある。僕のやる事なす事すべてに当てはまる。」このストリング・セオリーのエピソードでは、ザ・ニュー・レジーム、ナイン・インチ・ネイルズ、エンジェル&エアウェイブスのアイラン・ルービンが、彼の演奏に対する情熱を語ります。

Josh Carter

Phantogram

「たくさんの人が’どうやってそのシンセ・サウンドを出すの?’と聞くけど、それに対し”単なるギターだよ。”と答える。」このストリング・セオリーのエピソードでは、ファントグラムのジョシュ・カーターがギターを学んだ事で、彼の作曲能力がいかに押し拡げられたか語ります。

Steve Stevens

Billy Idol

「ギターはエンドレスに追求できる楽器で、常にもっとやれる事がある。」このストリング・セオリーのエピソードでは、スティーブ・スティーブンスがビリー・アイドルと演ったソロの思い出話に触れます。

The White Buffalo

「僕にとってギターを弾くのは直感的で、ある意味原始的な事でもある。でも作曲やパフォーマンスにおいては、ギターが伝達手段のツールとなる。僕の生活に欠かせないモノだね。」このストリング・セオリーのエピソードでは、ザ・ホワイト・バッファローことジェイク・スミスが彼の作曲プロセス等について語ります。

Kai Stuffel

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、カイ・スタッフェルが影響を受けた音楽や彼のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。

Hannes Kelch

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、ハンス・ケルチが影響を受けた音楽や彼のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。

Hanne Kah

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、ハン・カーが影響を受けた音楽や彼女のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。

Jacky Bastek

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、ジャッキー・バステクが影響を受けた音楽や彼女のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。

Thomas Blug

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、トーマス・ブルグが影響を受けた音楽や彼のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。

Chris Vega

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、クリス・ベガが影響を受けた音楽や彼のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。

Christian Adameit

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、クリスチャン・アダミートが影響を受けた音楽や彼のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。

Bassel Hallak

ストリング・セオリーはアーニーボール製作によるビデオシリーズで、ギタリストやベーシスト達の音楽バックグラウンドやサウンド・パフォーマンスについて語るコーナーです。今回のエピソードは、バッセル・ハラクが影響を受けた音楽や彼のキャリア、アーニーボール弦についての体験を語ります。