1. Home
  2. Artists
  3. 松尾宗仁

松尾宗仁

7年ほど前から、エレクトリック・ギターはアーニーボール・クラシック・ロックンロール・010~を使用しています。
レコーディング及びライヴのメインで使う7~8本のギター全てに張っていますが、どのギターにも、私のプレイスタイルにも相性が良くて、大変気にいっています!
私が思う「ロックンロール」の特徴は、一言で言いますと、正に!ブルージーなロックンロール♪を演奏するのに最適!だと言う事ですね。
6,5,4の巻き弦が最初から少し落ち着いている感じがあり、従来品の弦を張った直後に弾いた時に感じる「ビィ~ン」という嫌なハイ成分と、無駄なサスティーンが無いのが良いですね。
新品の弦を、何時間か?何日間か?弾いて落ち着いた状態と暖かみのある音色が、張った直後から感じられるのがスゴく良いです。
私の様な「クリーン~クランチ」サウンドのギタリストには最高に相性が良い弦だと思います!
アコースティック弦は「レギュラー・スリンキー・アコースティック・012~」を使用しています。
これも多分、6~7年前から張っています。
使用感は、それまで使っていた他社の弦と比べて「テンション感」に違いがあると思います。
同じゲージですと、アーニーボールの方が若干柔らかく感じますね。
なので単純に弾きやすいです(笑)
メインで使っているゼマイティスのギターにも相性が良いですね!
色々と浮気?(笑)して他の弦も使いましたが、結局、アーニーボールに落ち着きました。
これからもずっと、アーニーボール弦を使っていくと思います!

^ Back to Top